改めまして「くるめ猫部屋」です(=^・^=)。

  • 2016.07.04 Monday
  • 18:39
 

JUGEMテーマ:里親募集・保護報告・迷子捜索

  

 

皆さん、改めましてこんにちは。

 

くるめ猫部屋管理人のJです。

 

「くるめ猫部屋」は、もともと多頭飼育されていた猫達をレスキューし、里親探しをする目的で作られました。

 

多頭飼育部屋

 

2015年11月、久留米内のとあるところで、飼い主さんが病に倒れ、1DKのアパートに18匹の猫達が残されました。

 

避妊去勢も全くされていない猫達は、お世話をされることもなく、糞尿の匂いが充満する部屋で暮らしていました。

 

このままではあっという間に50頭、100頭まで増えてしまう…そう思った私は、メス猫に避妊手術を受けさせていただくことを条件にお世話に入ることにしました。

 

多頭飼育部屋

 

18頭中、メスが9頭。

 

費用のこともあり、市内の病院で通常通りの手術を受けさせることはできません。

 

大野城のさくらねこ動物病院まで何度も往復し、何とか飼い主さんが退院する当日までにメス9頭の手術を終わらせることができました。

 

多頭飼育部屋

 

これで、私の役目も終わり…ほっとしたのも束の間、今度は不動産屋さんから退去勧告が。

 

この部屋では2頭までしか猫を飼うことはできなかったのです。

 

退居するか、猫を減らすか…。

 

減らすと言っても、退居勧告期限の一か月で成猫に里親さんを探すのは簡単なことではありません。

 

一般的に考えられるのは、動物管理センターに持ち込むこと…おそらく殺処分です。

 

飼い主さんは、センターに持ち込むぐらいなら、外に逃がすと言いました。

 

そんなことができる訳がありません。

 

これまで家の中で暮らしていた猫達です。外に出たら、生きてはいけません。

 

多頭飼育部屋

 

せっかくこれまでお世話してきたのに…、何度も何度も大野城まで往復したのに…。

 

苦渋の決断でしたが、猫カフェ2号店としてもう一つ部屋を作って、猫達を引き取ることにしました。

 

本当は18頭、全頭引き取るつもりでしたが、飼い主さんがどうしても3頭は手放したくないと言いました。

 

また、別の3頭は“誰か”にあげるから、それもここに置いておくと。

 

やむを得ず、12頭を引き取ることになりました。

 

といっても、幸運なことに、1匹のメス猫が早々に里親さんに巡り合うことができていました。

 

マスクちゃん

 

なので、多頭飼育されていた猫達18頭から11頭を「くるめ猫部屋」に迎えることになりました。

 

ここまでの経緯は、猫カフェNha Con Meoのブログ「Con Meo日記」の「2号店くるめ猫部屋」をご覧ください。

 

くるめ猫部屋は店舗ではありませんので、収入源はありません。

 

猫達のお世話に必要な費用とテナントの家賃などは、すべて支援者の方からのご寄付と見学者の方からの募金で賄っています。

 

2年を目標にすべての猫達の幸せ探しをする予定です。

 

あまり長引いてしまうと、本店「猫カフェNha Con Meo」も資金不足で共倒れになってしまう可能性もあります。

 

なので、一般の方からの引き取り依頼にはお応えすることができません。

 

里親探しのお手伝いは「Nha Con Meo」でさせて頂きますので、何卒引き取りはご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

 

これからも、くるめ猫部屋をどうぞ宜しくお願いしますm(__)m。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM