スポンサーサイト

  • 2019.03.16 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    幸せ通信 〜リボンちゃん〜

    • 2018.09.08 Saturday
    • 14:51

    【くるめ猫部屋からのお知らせ】

     

    〇くるめ猫部屋のホームページです\(^o^)/。ぜひのぞいてみてくださいね。

     

     「くるめ猫部屋

     

    〇猫のボランティア(朝晩のお世話ボラさん&昼間のお留守番ボラさん)が大変不足しています。

     

     朝ボラ&夜ボラ…平日の夜1〜2時間、もしくは週末の朝1〜2時間、隔週でも月に1度でも構いません。

     

     お留守番ボラ…昼間お時間があるときに2〜4時間程度。不定期で構いません。

     

     可愛い猫達と触れ合いながら、猫達の幸せ探しを手伝ってくださいませんか。興味がある方はこちらをご覧ください。

     

     

     

    〇見学可能時間  ※靴下必須です(=^・^=)。素足の方はご入室いただけませんので、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m。

     

      

     

     9月9日(日)   14:00〜17:00 

     9月10日(月)  10:00〜12:30

     9月11日(火)  10:00〜12:30,20:00〜21:00

     9月13日(木)  10:00〜12:30

     9月14日(金)  10:00〜12:30

     9月16日(日)  14:00〜17:00

     9月17日(月)  11:30〜14:30  

     9月18日(火)  10:00〜12:30,20:00〜21:00

     9月20日(木)  10:00〜12:30

     9月21日(金)  10:00〜12:30

     9月24日(月)  11:30〜14:30

     9月25日(火)  10:00〜12:30,20:00〜21:00

     9月26日(水)  14:00〜18:00 見学譲渡会&猫好きさん交流会開催、どなたでもご自由にご参加ください(=^・^=)。

     9月27日(木)  10:00〜12:30

     9月28日(金)  10:00〜12:30

     9月30日(日)  14:00〜18:00 見学譲渡会&猫好きさん交流会開催、どなたでもご自由にご参加ください(=^・^=)。

     

     

     

     

     皆さん、こんにちは(=^・^=)。

     

     つい先日、予想していたことが起きました。

     

     緊急でSOSです!!悪夢再び(T_T)。

     

     猫部屋を作るきっかけになった、久留米市内某所の多頭飼育現場。

     

     18匹が狭い部屋の中で悪臭が充満する劣悪な環境を生き抜いていました。

     

     退去か猫を手放すかの選択を迫られた飼い主は、3匹飼う許可を管理会社にもらい、3匹は友人に譲渡するからと、6匹はどうしても手放そうとしませんでした。

     

     私は「こちらで全頭引き取るから。そして、どうしても里親さんが決まらない子を返します」と提案したのですが、頑なに拒否。

     

     結局12匹を引き取り、くるめ猫部屋を作りました。

     

     飼い主のもとに残してきたあの子達はどうしているだろうか、ずっと気になっていました。よく通る道ですし。

     

     やがて2年が経ち、10匹はそれぞれ幸せを掴んで、あと2匹になった今になって…。

     

     3年前に私が関わったと知らない管理会社から偶然にも相談が舞い込み、飼い主と5匹の猫がすでに現場から強制的に退去させられているというのです。

     

     3匹は友人に譲渡するというのはやっぱりウソでした。

     

     お気に入りの6匹を手元に置いていた飼い主。

     

     やがて1匹は亡くなり5匹になりました。

     

     この間、どんな暮らしぶりだったのでしょうか、下の階の住民に迷惑をかけることになり、とうとう強制退去。

     

     それも、退去当日まで頑なに退去を拒み続けていた飼い主は、5匹であることも告げないままでしたから、退去の時になって2匹のはずが5匹いると判明、慌ててこちらにご相談が来たようなのです。

     

     結局3年目に5匹を引き取ることになりました。これから幸せ探しです。

     

     レオン

     卒業生レグ&ロイドの兄弟だと思います。レオン君。

     

     

     というわけで、前置きが長くなりましたが、今回は猫部屋から最初に幸せをつかんだリボンちゃんの近況が届いていますので、みなさんにも幸せのおすそわけです(*^_^*)。

     

     

     リボンちゃんは多頭部屋にいたメスの中でもとびきりビビりの女の子でした。

     

     いつもソファーカバーの内側に籠り、エサもその中にお届け。

     

     ところが、そんなリボンちゃんを見初めてくださった優しいH様。

     

     抱っこどころか、お膝どころか、触ることさえできない子です。

     

     そんなリボンちゃんの心が溶けていくのをじっくり、じっくり待ってくださって、その結果…。

     

     

     2年前のNha Con Meoのブログ⇒「リボンちゃんギャラリー(=^・^=)

     

     里親様のリボンちゃんギャラリーはこちら⇒「Ribon Gallery

     

     

     最初から甘えん坊の子を迎えるのもいいものですが、こんな風に一目ぼれした猫が少しずつ少しずつ変わっていき、飼い主さんとの距離が縮まっていくのを楽しむのもいいものだなぁと、リボンちゃんとH様を見ているとつくづく思います。

     

     猫を幸せにするのは人、そして、猫も人を幸せにしてくれます。

     

     皆さんはどんなタイプの猫がお好みですか。

     

     その子とどんなふうに付き合っていきたいと思いますか。

     

     

     どんな猫も、きっと里親様に幸せを運んでくれます。

     

     

     ぜひ猫を家族に迎えてくださいね。

     

     

     

     JUGEMテーマ:里親募集・保護報告・迷子捜索

     

    スポンサーサイト

    • 2019.03.16 Saturday
    • 14:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      アクセスカウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM